記事一覧

お話し会

お話し会 7262-1.jpgお話し会 7262-2.jpgお話し会 7262-3.jpgお話し会 7262-4.jpgお話し会 7262-5.jpgお話し会 7262-6.jpgお話し会 7262-7.jpg

10月1日、東慈寺でお話し会を行いました。
理事長先生からお話ししてもらいました。

1つめ。
10日前までセミの声がしたけど、もう鳴かなくなりました。
セミは7年間土の中で成長し、脱皮してセミになったあとは、7日間陸の上で鳴き続けその命を終えます。そして土の中には卵を産んで死んでいくのです。

生き物にはすべて命があり、始まりがあれば終わりが必ずある。
どんな命も大切にしなければいけませんね。

2つめ。
世の中にはいろいろな人がいます。
肌の白い人・黒い人、髪の黒い人白や金髪の人、目の色も黒・茶・青などさまざまです。

それと同じで足の速い人もいる。歌のうまい人もいる。
勉強ができる人、折り紙が得意な人、楽器が演奏できる人。
それが個性であり、同時に得意不得意です。

自分の得意なことを見つけよう。

ほかの人を羨ましがったりねたんでイジワルするのではなく、自分は自分。誰でも得意不得意がある。

そして好きな人と嫌いな人がある。
誰にでもいること。
嫌い・苦手な人に近づいて話してみよう。かかわってみよう。
好きになるポイントがあるかもしれない。
もしかしたら自分の何かを補えるものをその人は持っているかもしれない。

3つめ。
東慈寺の5色の幕。
白・赤・黄・緑(青)・紫(黒)です。
春夏秋冬や輪廻転生、自然の色(水火土木風空)などを表しています。
人はこの色を全部ぐるっと回って生まれ変わるのだそうです。
どれだけ自分を大切にしてきたか、自分以外も大切にできたかで次に生まれ変わるものが決まるといわれています。
不思議ですね。


長くなりました。
まとめると、「死ぬまでしっかり生きる」こういうことなのです。

みんなには難しかったかもしれないけど、30分ほどじっと聞き入っていました。

コメント一覧