記事一覧

お話し会

お話し会 8522-1.jpgお話し会 8522-2.jpgお話し会 8522-3.jpgお話し会 8522-4.jpgお話し会 8522-5.jpgお話し会 8522-6.jpg

30日にお話し会をしました。

理事長先生のお話し

座禅をしていると、普段聞こえない音や匂いを感じる。
それは風の音や匂い、鳥のさえずり、人の声。
お釈迦さまが幸せになるために座り続けて考えた。
いろんな人がこの世には生きていて、草花も動物も生きている。
いろんな命があって、世界は成り立っている。

砂漠でライオンはシマウマを食べる。シマウマは草を食べる。でも、どちらも無駄に多く食べたりはしない。なぜなら草がなくなるとシマウマが減る。シマウマが減るとライオンも減る。食物連鎖はそうやってバランスをとっている。食べ物を無駄にしないこと。

セミは7年間土の中で過ごす。
7年後の夏に7日間地上に出て、鳴き続ける。そして次の命を繋ぐために卵を産んで、死んでいく。
毎年同じ鳴き声が聞こえても、それは違うセミなのだ。
花組の7年後は中学生。中学生になったときにこの話しを思い出してほしい。
みんなが中学生になって鳴いているセミは花組の時から土にいるセミなのだということ。
今を一生懸命生きようということ^^